« 御柱祭 | トップページ | お盆に山小屋へこられる方へ »

第一回信州のたまり場

山小屋を活用した新企画を始めました。

以下僕のメインブログ「yuponのロハスな日々」と共通の記事ですがUPしておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月12-13日、僕の生息範囲周辺にて、はじめての「信州のたまり場」という集いの企画を開催しました。

この行き詰った社会を乗り越えていくためにはまず、自由な意見を交換しながらワイワイガヤガヤ知恵を寄せ合う集いの場が必要です。
この思いで企画を始めたわけですが、なんと初回から大人13名 子ども2名 の大きな集まりになりました。
日本再生プログラム推進フォーラムの長野県の会員さん(6名)をはじめ、遠山藤原学校のスタッフや、会場となった山小屋の古参メンバー、そしてネットを通じてこの集いを知って参加された初対面の方など、スタートに当たっては本当に理想的な方たちが集まりました。

集いの目的はこれから「何をしよう」というのを意見交換することなのですが、まず集まった皆が仲良くなるのが第一。「次も来てみたい」と思うような感じになったでしょうか?

当日の流れを、参加されたメンバー・ワイノさんの撮った写真を中心にご紹介していきます。(自分が主催した会というのはなかなか自分で写真を撮る余裕がない)

まずは道の駅「池田ハーブセンター」に集合。

ここからyuponの自宅に移動して、セルフビルドの家の見学。うちでちょっとお茶をのみながらお話をしてから畑の見学。photo/ワイノさん

Photo
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕食に食べる野菜もちょこっと収穫しました。
まだ夏野菜があまり採れだしていないので、ちょっと端境期なのですが、エンドウマメ・ソラマメ・レタス・タマネギ・
ニンニクなどを収穫しました。 photo/ワイノさん
100612_1507010001
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

池田から、会場となる美麻の山小屋に移動。
途中、美麻のプチ観光をしながら山小屋へ向かいました。

二重の市民農園 photo/ワイノさん
二重の市民農園は美麻村が合併前から始まった「クラインガルテン」で、畑付きの貸し別荘を都市部の方に貸し出し、村民との交流の場にしようという事業です。
家賃・月3万円で借りられるのですが(最長3年)、いつも満室で人気です。実際、この施設を利用されたかたが、実際に美麻に本格移住をされたケースもいくつもあります。

Photo_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

藤の棚田 photo/ワイノさん
Photo_3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑僕が美麻に移住した当時(25年前)はもっとたくさんの棚田があったのですが、今では半分以下に減ってしまいました。
このあたり、北アルプス後立山連峰の景観がすばらしく、晴天の休日には写真家や絵描きのかたが沢山来ます。
傍らにログハウスがあるのですが、この建物は長女apponが中学のときにお世話になった担任の先生のご自宅で、田中麗奈主演のスノーボード映画「銀色のシーズン」でロケ現場に使われた建物です。

Photo_4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山小屋について荷物を降ろしたあと、チップ工場を見学にいきました。
ここは近郷の山から切り出した材木の集材基地で、工場で材木をチップに砕き、富山県新湊の「中越パルプ」にチップを納品しています。photo/ワイノさん
Photo_5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山積みのバーク(樹皮)
炭素循環農法に使えそうです。photo/ワイノさん
Photo_6

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当日の夕食で燻製を作るのでざくっとダンボール箱にチップをいただいてきました。
(前日にここの工場管理責任者の了解を得てあります)
広葉樹チップの山。photo/ワイノさん
Photo_7
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このあと、ぽかぽかランド美麻へ温泉に入りにいきました。
ここは、旧美麻村時代、ふるさと創生基金で掘り当てた源泉の湯を使ってできた村管理の温泉宿泊施設でしたが、現在は大町市のもので、指定管理で現在民間の業者さんが運営している施設です。
photo/ワイノさん
Photo_8

入浴中に姫路から遠山藤原学校スタッフのポチさんが到着。500km6時間でバイクで走ってこられたそうです。
白馬から参加のアカホさんも合流されて全員集合。

山小屋に戻って夕食準備。photo/ワイノさん
Photo_21
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天気がよかったので山小屋の前庭にテーブルを出して、夕食の準備をしました。
photo/ワイノさん
Photo_9
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

チップで燻製 photo/ワイノさん
Photo_10
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo/ワイノさん
Photo_11
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo/ワイノさん
Photo_12
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このあと、食事とお酒を楽しみながら深夜12時近くまでワイワイガヤガヤ。
(今回の集いの主目的)photo/ワイノさん

Photo_13
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
僕としてはあまりこの集まりの場で「こういう風にしたい」という方向性を強く打ち出すよりも、結論のでない会議を延々とやるほうが有意義だと思い、わりと話を聞くことにしました。
ただ、次回以降、ある程度集まりのための口実(今回は具体的にこれをやる)という小テーマがあったほうが集まりやすいだろう、という感じをうけました。従ってこの集いの方向性が熟成するまで、僕のやりたいように(楽にやれるように)毎回の企画を打ち出していくことにします。ぼくが企画するとほとんど農主体のイベントになりそうですが・・・・。
まあ、来たい方はどんどんお越しください、「一緒に遊びたい人、この指とまれ!」ということですね。

それと、会場に使った山小屋ですが、これは僕が呼びかけ人となって集まった「山小屋の会」の施設です。
当然山小屋の会のコアなメンバーのみなさんもいるわけで、山小屋メンバーの利用も優先しつつ将来は「信州のたまり場」のお客様と自然に交わっていけるような方向付けを工夫したいと思っています。


さて、翌朝、みなさんはぽかぽかランドでの朝風呂も愉しまれたようで、
photo/ワイノさん
Photo_14
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝からリラックス
photo/ワイノさん
Photo_15

photo/ワイノさん
Photo_16

photo/ワイノさん
Photo_17
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕べの食材もだいぶ余っていたので、朝からしっかり調理してスローフードです。
photo/ワイノさん
Photo_18
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo/ワイノさん
Photo_19
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo/ワイノさん
Photo_20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食事」のあと山小屋をお掃除して、
最後にripponが焼いてくれた天然酵母パンと、昨夜スモークしたスモークチーズをお土産にお土産にして散会となりました。

集合写真(先に帰られた方もいますので全員はそろっていませんが)
クリックで大きく拡大します。
photo/yupon
Dscn0504_2

|

« 御柱祭 | トップページ | お盆に山小屋へこられる方へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一回信州のたまり場:

« 御柱祭 | トップページ | お盆に山小屋へこられる方へ »